道草料理研究部

近所で食べられるものを探して見つけて料理して食べるブログだよ。さいきん狩猟免許とりました。

近所で生えてた道草(カラスノエンドウ、ユキノシタ、アザミ、イタドリ、ヤブガラシ)を食べてみる

5月です。道草たべるブログとしてもっとも輝く季節です。

もう歩いているだけでこんなに!

f:id:himohu:20170514133245j:plain

ちょっと上を見上げれば!!

f:id:himohu:20170514124540j:plain

おお〜!!これは食べても食べても食べつくせなそうです。

というわけでそのへんの草を集めていきましょう。

 

最初はこれです「カラスノエンドウ」

f:id:himohu:20170514115356j:plain

これは河原でも空き地でもどこでも生えていますね。

4月の初めころはピンクのかわいい花をつけてますが5月になると豆のはいった房をつけます。開けてみると…

f:id:himohu:20170514115826j:plain

おお、なんかうまそうですね。鉄腕ダッシュで城島リーダーがこの豆を集めまくって味噌を作っていましたが、採取に豆を取り出して…と、作業量を想像すると恐ろしくなりますね。これは採取です。

 

つぎに「ヤブガラシ」です。

f:id:himohu:20170514125616j:plain

藪も枯らしてしまうほど繁殖力旺盛というところからついた名前です。

新芽はけっこう柔らかくいかにも食べられそうですね。採取です。

 

次は「アザミ」です。

f:id:himohu:20170514131319j:plain

アザミって食べられるの知らなかったんですが、こないだ山小屋でだしてもらった野草の天ぷらに入っていたのです。アザミといってもいろんな種類があるのでこれがいけるかどうか分かりませんが、いってみましょう!採取!ちなみにトゲが生えててかなり痛いです。食べられると知らなければ取ろうとは思いませんね!

 

次は「イタドリ」です。

f:id:himohu:20170514131925j:plain

野草といえばイタドリですよね。だいたい野草の本にも見つけやすく採取しやすい草として載っています。上のほうの柔らかい部分を採取!

 

次は「ユキノシタ」です。

f:id:himohu:20170514132351j:plain

この写真だと色んな草が生えていますが白いまだらになったやつが「ユキノシタ」です。けっこうふかふかした触り心地です。これは期待です。採取!

 

で、集まったものがこちら

f:id:himohu:20170514155821j:plain

おお、けっこういけそうな感じじゃないでしょうか。カラスノエンドウは特に野菜っぽい見た目ですね。期待できそうです。

 

今回は天ぷらにします。

f:id:himohu:20170514161103j:plain

じゃんじゃん揚げていきます。ちなみに大阪新世界のジャンジャン横丁って、歩いていると飲んでる人からジャンジャンおごってくれるからだそうですよ。ぼくはおごってもらってことはないですが!

f:id:himohu:20170514161335j:plain

他にもあげていきましょう。

f:id:himohu:20170514161824j:plain

で、全部揚がりました!

f:id:himohu:20170514164602j:plain

ビールが合いそうな見た目です。お塩をつけてシンプルにいただきます。

 

まず「ユキノシタ」から

f:id:himohu:20170514163514j:plain

おお…、これは草時代の見た目のや触り心地のままで肉厚です。柔らかくてクセがなくて美味い…。これはお店で出してもいいと思います。

 

次にアザミです。

f:id:himohu:20170514163528j:plain

これは…、エグいです!エグいというかなんというか変な芳香もします。これは食べないほうがいいです。トゲがあったり散々な草です。ちょっと山小屋で食べたやつとは違う草だったのかも…。

 

「イタドリ」いってみましょう。

f:id:himohu:20170514163545j:plain

これはけっこうイケます。茎の部分の食感もいいですね。

 

つぎは「カラスノエンドウ」。小さくて豆を出すのが面倒だったのでそのまま揚げてみました。はたして…

f:id:himohu:20170514163655j:plain

これは…食べられないです!

とにかくサヤが固くて、口に入れた瞬間に食べられないと体が反応します。野菜っぽい見た目だしインゲンっぽくいけるかと思ったが失敗でした。

 

つぎは「ヤブガラシ」です。

f:id:himohu:20170514163711j:plain

これはサクサクとして…、美味しいです。でも食べ応えがないかなあ。ツルも細く葉っぱも小さいので、わざわざ食べないでもいいようなそんな感じです。

 

以上、道草5種の食レポートです。

おすすめはユキノシタとイタドリですね。食材として取ってくる価値はあると思います。他のは無理やりとってこなくてもいいかもです。

また初夏の間にいろいろ試してみたいですね。