読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道草料理研究部

近所で食べられるものを探して見つけて料理して食べるブログだよ。さいきん狩猟免許とフードコーディネーターの資格とりました。

春の手仕事。ノビルの甘酢漬けをつくろう。

とって食べる

二週連続多摩川です!すごく良い天気です!

f:id:himohu:20170226133321j:plain

春一番が吹いて、じわっと空気に水分が含まれてくると、うずうずして川に来てしまいますよね。

ドアノブを触る時、スーパーで缶ジュースを買うときなどいつもビリっと静電気に感電しないか、ちょっと触って確かめて…ってやってた身としては春は静電気に感電しづらくなるのでとても嬉しいです。

 

f:id:himohu:20170226115646j:plain

とりあえず、駅ちかくのお肉屋さんで買ったコロッケをたべて野草探しにでかけましょう。

f:id:himohu:20170226123127j:plain

まだ全体的に茶色いですね。夏には圧倒的な緑に阻まれて川沿いに行けなくなるのですが、いまだったら枯れ草を踏み倒して川沿いにたどり着けます。

これは誰かが踏み倒してつくった道ですが、秘密基地に辿り着きそうで楽しいですね(ほとんどは川にお住まいの方に居住地にたどりつくのですが)

 

で見つけたのが、ドン!

f:id:himohu:20170226121531j:plain

ノビル(野蒜)です!おもいっきり草!って見た目ですがこのノビルの根っこがうまいのです。

他のつんつんとした雑草と見分けづらいのですが

・ネギのような丸い葉

・ちぎってみるとネギみたいな匂い

で見分けれます。

f:id:himohu:20170226121527j:plain

ほかのつんつんした草とは違う明らかにネギ臭です。

引っこ抜いてみると

f:id:himohu:20170226121929j:plain

こんな感じで、ラッキョウのような根っこがついています。

この部分が食べられます。味噌とかつけてエシャレットのように食べたりします。

よく野草の本によると、スコップでまわりを掘って千切れないようにとりましょう。

などと書いてありますが

f:id:himohu:20170226122459j:plain

こういう塊であれば、まるごとぐっと引っこ抜けば

f:id:himohu:20170226122535j:plain

こんな感じでわさっと気持ちよく抜けます。いっきにネギ臭が漂います。

ではうちに持って帰って下処理しましょう。

f:id:himohu:20170226144826j:plain

とりあえず持って帰ってきた状態です。すっごくネギの匂いがします。

泥がついていると雑草って感じですが

f:id:himohu:20170226145132j:plain

水で泥を落としていくと

f:id:himohu:20170226145652j:plain

なんだか野菜っぽくなりました。

スーパーに売っている野菜も洗っているから、なんだか安心できる見た目なだけで、そのへんに生えている草も洗えばなんだかいけそうな気がしてきますね!

では茎と根っこをカットします。

f:id:himohu:20170226150200j:plain

ニンニクかラッキョウっぽいみためですね。ここでとりあえずひとつ食べて見ましたが、エグみはなく、トロみがあってある感じ。辛さはあとからくる来ます。ただなんだかこう…、そのままだと野草としての力強さが残ってて何個もいけない感じです。

 やはりここは現代人として美味しくしていきたいと思います。

せっかくラッキョウのような見た目に香りなので、甘酢漬けにしましょう!

とりあえず、雑菌が繁殖しないよう瓶を煮沸します。

f:id:himohu:20170226150908j:plain

甘酢をつくります。

分量的には、酢(米酢)1:水1:砂糖1って感じでだいたいでつくりました。

f:id:himohu:20170226151603j:plain

では、ノビルを甘酢で漬ければ

ノビルの甘酢漬けの完成です!

f:id:himohu:20170226151835j:plain

ちょっと鷹の爪をちらしたのですが、なかなかうまそうです!

食べごろは2、3日後くらいからでしょうか。

後日たべてみましょう。楽しみです!