読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道草料理研究部

近所で食べられるものを探して見つけて料理して食べるブログだよ。さいきん狩猟免許とフードコーディネーターの資格とりました。

本牧海釣り施設で釣って食べる

とって食べる

前回ウナギを釣ったことで調子にのって今回は海に釣りにいってきました。

といっても、船や磯にのってきた…というわけでなく、今回は本牧海釣り施設

横浜からだとバスで30分くらいてとこです。
入場料は900円なんですが、売店には仕掛けのあれこれや氷に釣りエサ、パンやおにぎりカップラーメンも売っていたり、
トイレもしっかりしてたり、洗い場もあったりとかなりしっかりしててラクなんです。

 ぼくは毎回電車で釣りにでかけるので、釣具店による手間もないので助かります。

f:id:himohu:20160508124048j:plain

f:id:himohu:20160508130200j:plain

ゴールデンウイークということもあり、大入り満員…!

 

ですが、9時すぎには着いたのでまあまあの位置を確保できました。

f:id:himohu:20160508094615j:plain


クラゲがびっしりいてちょっとビビる…。

f:id:himohu:20160508093823j:plain

サビキとちょい投げの2本だしたんですが、サビキにはカタクチイワシが鈴なりに釣れたり

f:id:himohu:20160508114515j:plain


26cmくらいのサヨリが釣れたり。

f:id:himohu:20160508121439j:plain

サヨリの魚影はあるんですけど、なかなかかかりません。
口が小さく、なぞの尖った角?みたいなのがジャマになって針かかりしないのだろうか…。

ちょい投げのほうには、まったくアタリはありませんでした。

f:id:himohu:20160508124254j:plain

本牧海釣り施設には食堂的なのもあってそばとかうどんも食べられます。

カレーをテイクアウトしました。こういうとこで食べるのって最高にうまいですね。

 

f:id:himohu:20160508163432j:plain

てことでこの日の釣果はカタクチイワシ14尾にサヨリ1尾。
もう少しつりたかったですが、サビキのサイズや色形が合わなかったのかなあ…。
横の子供づれはバンバンあげてたので、釣り場に売ってるサビキのほうがよかったのかも。
なかなか難しいですね。

 

では調理していきましょう。今回はカタクチイワシの南蛮漬けを作りたいと思います。

f:id:himohu:20160508171228j:plain


カタクチイワシは包丁を使わなくても、エラあたりから手をつっこんで内臓を引っこ抜けば簡単に捌けます。
こっちのほうが圧倒的に速いですね。小麦粉をまとわせておきましょう。

 

サヨリは釣り場で内臓を抜いておいたので、刺身にしました。

f:id:himohu:20160508171934j:plain

その日に釣れたものを、その日に食うのは贅沢な感じしますね。

 

南蛮漬けのたれは

酢と半分くらいの水、あとは醤油に砂糖、塩など適当に混ぜて
ピーマン、タマネギ、ニンジンなど彩りのいいものをいれときます。

f:id:himohu:20160508173038j:plain


あとはチュワーと揚げて

f:id:himohu:20160508173309j:plain

1時間くらいたれに漬け込んで冷やせば完成。

f:id:himohu:20160508192409j:plain

うーん初夏って感じの味で美味しいです。
野菜のザクザクした食感もいいです。

ちなみに釣りのあと銭湯にいったんですが、日焼けがめちゃめちゃしみてやばかったです。かんぜんに夏!な一日でした。