道草料理研究部

近所で食べられるものを探して見つけて料理して食べるブログだよ。さいきん狩猟免許とフードコーディネーターの資格とりました。

上海旅行 〜食べ物編〜

中学の頃からずっと仲のよかった友人グループ
で上海に旅行に行ってきたので、その記録。
4泊5日と長かったので今回は中国の一番の楽しみ料理編からスタートでし!

■1日目

今回は往復ともに中国東方航空でいってきた
どうやらもっとも上海行きの便数が多いみたいよ
といってもシルバーウィークとのことでそれなりのお値段なり
んで機内食がいきなりチャレンジすぎると思ったんだけど
メインディッシュの皿になんとたこ焼き!んでよこには普通にバターとパンという・・・

こういう組み合わせって栄養士が決めるんだろうか?明らかに炭水化物よりだと思うのだが
とりあえず夕食に向けて完食せず。妥当だろうこれはww

んで夕食は新天地だっけな?洒落たオープンレストランの並ぶところで夕食
広東料理らしいが小龍包のおいしい店で乾杯

これが上品な味、ひとつひとつにジュワリと広がる肉とスープが体に染み入る
エビ入り小龍包のブリブリすぎる食感と風味はすごい

青島ビールもひさびさに飲む
しかしこれはジャパニーズビールを飲みなれた身としては薄いよ
ビールは日本のビールがいい
これ以降ビールは日本のビールを探して飲むことにした

■2日目

昼食は僕の希望でローカルの食堂へ(といっても今風のファストフードぽかったか?)
写真でおいしそうに見えた野菜入りビーフン炒めを頼んだんだけど・・・

これはちょっと大味すぎる味ww
ビーフン90%の野菜なのか?よくわからないモノ10%
ほかのひとのがうまそうでした

で昼食2件目は
上海在住の友人のオススメで焼小龍包の店

ここもローカルの人たちのお店らしいが有名店らしく日本人の姿もチラホラ
といってもローカルの人にも人気で狭い店内狭い席でワァワァ大騒ぎだった
しかしここはいいね この小龍包は日本で食えないだろう
スープと香ばしい包の香り肉のうまみ またいきたいよ

この日は預園(ユエン)に観光言ってて、本格的な中国茶の店で
ジャスミンに花が咲くお茶を嗜む

ここは観光客すごいな
ほかにもいろいろお茶をごちそうになったが本場のお茶はすごくて
ずーっと鼻腔にふんわりと甘く香るお茶がくすぐるのがつづいた
こんなお茶あるんだな。すげー

んで夕食はまた僕の希望を聞いてもらって四川料理を食す。
やはり中国料理といったらこれでしょう?


麻辣の辛さが食材の旨みと一体になって脳が陶酔する感じ
ほんと四川料理最強!うまくてうまくてすごすぎた
麻婆豆腐に海老の揚げたものに辛すぎるソースをかけたもの
牛蛙の辣油煮込みに鶏と茸のスープ他にも他にも他にも・・・
中国料理はすごいよ

■3日目

昼はまたローカルの店にて刀削麺を食べる

麺がモチモチしてうまい
スープは薄味、黒酢をいれてみる
中国では黒酢大人気らしいどこにいってもおいてあるよ

んで夜は火鍋の高級店に行く
ここがすごかった
ほんとすごいの

一人ずつスープを選ぶ、僕は茸と鶏のスープを選んで
そこに食材をどんどん放り込む

豚に羊に牛、アヒルの血の塊、香菜、茸、春雨、木耳、貝類に
白菜、他にもたくさんの野菜やらよく分からないモノ

そしてすごかったのがここの付けダレ
20種類ぐらいの薬味とタレとを自由に調合できるコーナーがあって好きにやってよい
僕がすきすぎる味ばかりがあってなんだかアドレナリンがでた
個人的にはここが上海NO1店だと思う。すごいよここ
火鍋は日本でも何度か食べたけどこういう食べ方あるんだね感動した。

■4日目

この日のランチは水の都だったらしい朱家角
船にのったりはしゃいだが
飯はまたすげーです

上海きたということでやはりこれは外せない上海蟹
ここでは35元ぐらいだったか(500円ぐらい)

日本にくらべれば安いよなー
んでもやっぱ芳醇で、味噌にむしゃぶりついてかっくらって
肉をこそぎとって食う
ここは江南料理というジャンルらしくチマキやら豚の角煮やらうまいらしい
中国式ののっとって脂にまみれながら肉をほじくりだし骨をへし折りながら
肉をむさぼる
食の戦場です

夜は上海料理の名店にくる
上品ではあるがまあまあか?
昼くいすぎてもう食えねえww

ラストナイトということで
田子坊というところで飲む

なんともシャレた場所だ
オープンエアが心地よい

上海は都会だ
一杯3元のビールもあれば一杯60元のビールもある
住んでる人は混乱しないのかな、僕はするぞ?

■5日目

帰りはまた中国東方航空だけど
今回はフィッシュorチキンと聞いてくれたよかった

へった腹にちょうどいい濃さの食べ物が染み入る
うまかった

僕の総括として
やっぱ日本人として思うに
彼ら中国人の日常職は当たり前だが中国食で
それはやはり長い文化を含んだ、それでもアドレナリンのでる
パワーフードだったと思う。
中国の感想を言うにはやっぱ食べ物からしかありあえないだろう。
彼らの声のデカさパワフルさこれは食べ物の力からみなぎってるんだろうな

今回、僕らのためにうごいていただいた4人の友人の多謝!!

ラー油つくってみた

辛いもの好きな僕としては
具入りのラー油がすきなんですが
スーパーいっても売ってないですよね

たまに中華屋にいくと置いてあるラー油のなんとうまいことか
ごま油に足されたトウガラシの風味もさることながらそこに沈んだ黒い物体
あれがうまいと思うのです

っていうわけで作ってみました



大体しらべると


胡麻油
トウガラシ
ニンニク
ネギ
砂糖・塩・醤油が入ってるようで
材料購入してくる

好きな胡麻油「たいこうごま油」
香りがすごくいいと思う

ニンニクは国産 1個298円のいいやつ
中国産の10倍以上の値段ってどうなってるんだ・・・

トウガラシは輪切りのやつしかなかった
一味のやつもほしかったんだけど

とりあえずニンニク・ネギ・あと家の冷蔵庫の野菜室にあったタマネギ(なんとなく)
をみじん切りに刻みまくる

それを鍋に投入して
胡麻油とサラダオイルを足して
煮込んでいくと完成

煮込んでるだけなのに汗が吹き出ます


ビンにいっぱいできました
僕の宝石箱です


記念に餃子焼いた

香味と芯からくるからさに汗を噴出しながら食べる
超うまい

クーラーフル稼働しないといてもたってもいらればいぐらい辛いけど脳がとろけそうなぐらいうまい


あと「男前豆腐」

ほかにもチャンポン麺

ほかにも野菜炒めに乗せてもいい味だすよ
簡単なので辛いの好きな人にはオススメです

自転車旅行三日目 熱海〜下高井戸

なんだか昨日、熱海に着いたことで結構満足して
それ以上にヘタバっちゃったのもあったので、帰ることにしました

ほんとはフェリーで帰りたかったけど、どうやら熱海→東京はない様子
ガッカリしつつも自転車で帰ることにした

とりあえずホテルで微妙な朝飯たべて(まあ東横イン1泊6300円だからこんなもん?)

もと来た道を戻る。

なんだか昨日より熱い気がする・・・。熱いよなこれって?
いきなり刺すような日差しにめまいがしつつ伊豆を抜ける
あいかわらず景色だけは最高にいい。
なんだか日本に生まれてよかった、と普通に思った。

最初、帰るとき往路は二日かかったんだから復路も二日かかるかなと思ってたんだけど
小田原ついた道路標識みたら東京まで88KMとあるじゃないですか。
伊豆ぬける22KMが1h45m、てことは残り88KMぐらいがんばれば今日中に帰れるんじゃね?
という気楽な感じで家めざしました。午前中で元気だったんだなあ・・・。

んで ずーっと国道一号を走る。
この道が恐えーんだ。道が狭かったり広いけど高速道路みたいに100km/hだしてる感じのところに
ほっぽりだされたり・・・でも死にたくないので死ぬ気でこぐ

それにしてもこれはチャリで走る道じゃないw

昼は東京でよくあるチェーン店のスパゲティ屋「五右衛門」で食す
大盛りたのんだはずだが足りない感じ。相当カロリーを欲していたんだなあ

その後も暑さがガンガン体力を奪うので、こまめにカロリー補充したほうがいいとのことなので
ウィダーinゼリーはかかせません。一日3袋のんだwww

んでなんだかんだ東京着きました

日焼け止めぬってたんだけど足だけ塗ってなくてすげーひりひりする
ずーっと移動しっぱなしの3日間だったが、こういう楽しみってあるんだと思った
自転車君おつかれさまです

走行記録
熱海09:45発→下高井戸17:13着
走行距離:110.7KM

旅行中の3日間の走行距離:253.2KM

自転車旅行二日目 鎌倉〜熱海

今日の目標地点はどこにしようか迷ったけど熱海にした。
なぜならこのお盆シーズン。宿泊施設がいっぱいで箱根の山で立ち往生は怖すぎる。

とりあえず大船のホテルメッツで朝飯たべて出発。

昨日は気づかなかったんだけど、大船ってすごいのあるのな
でかい観音様?ちょっとキモコワいです

鎌倉を抜けて延々と湘南の海を走る。
江ノ島、茅ヶ崎、大磯。

ずーっとつづく青空と浜辺、南国気分な人、ヤシの木
サザンなんて聞かないし、文化が違うなんてウソぶいていたけど
そんな僕でも口ずさんじゃうんだから彼らはすごいよ、国民栄誉賞だ

天気がよすぎて雲がきれいで空が広大で、きてよかったと思った。

んで熱海に行くには伊豆半島を南下しなきゃいけないのだが
そこからがきつかった

もうすでに50KMぐらいは走っているところから
アップダウンなんてもんじゃなくて
山越えを2,3度。つらくてチャリをおしてしまった。


だいたい、狭い道に左は断崖絶壁の崖、右は高速で走るクルマ。
伊豆は自転車にやさしくないよ・・・。

それでも熱海には幸せがあったよ
熱海にいくことが目標でその後はなんも考えてなかったんだけど
温泉はいい・・・。

なぜか貸切の広い露天の温泉と夜風に吹かれて熱海の夜を満喫する。
寿司もうまいよ

熱海いいとこです

今日の走行距離:78km

自転車旅行一日目 下高井戸〜鎌倉

あーなんだかなー
朝から霧雨がふってて今日も取りやめかなと思ってたんだけど
とりあえずドアから顔を覗かせてみると、カサさしてない人けっこういるじゃん。
天気は回復傾向のはず!出発です。

ほんと天気はだんだんよくなった
昼を過ぎれば、雲のすきまから鋭い日差しがじりじりと肌をやいていきます。

みちのりはずーと家から南下、いつもの多摩川こえて川崎はいって横浜こえて
横浜ってでかいのな都市部のほうはいかなかったんだけどアップダウンの続く行程が
うらめしくおもえる。
自転車こいでるとガソリンってすげーなと思う。原付とか見た目は自転車と変わらないのに
パワフルにビィィィーーーッと坂をのぼっていって見えなくなってしまって1リットルで
どれだけ走るかしらないけど、明らかに自転車より省エネだと思う。こっちは水やら
カロリーメイトやらでお金がかかる。

んでなんとか鎌倉到着。

大仏はやっぱすごいけど奈良のが大きいからそこまで衝撃はない。
でもみんなまわりに集まって写真とってニコニコして
なんだかやっぱパワーというか平和なところだとおもった
胎内みたし、そういえばリスもいたさすが大仏だなー

鎌倉って中学のときとかに社会で習うじゃないですか。
鎌倉幕府?源頼朝がひらいたやつだよね?もっと山のほうにあると思ってた。
だって鎌倉って雪でかためて作る中でお雑煮とか食べるあれだとこの年まで僕は思ってたわけで
じゃあ寒いところにあるんだろうなーとか漠然と思ってたんだけど
それが南に2KM走ればサザンの歌う由比ガ浜とか広がってるとかかなりの衝撃です。

なんとか海いったけど疲れたんで鎌倉で一泊と思ったらどこもいっぱい。
結局、大船までもどってビジネスホテル泊。

明日は海沿いを西へ
江ノ島いってから伊豆に行くか、箱根こえるか悩みつついってきます

今日の走行距離:63km

明日から自転車旅行いってくるノシ

昨日からお盆休み11日もらったのでした。

んだもんで明日から自転車にのって旅行です。
とりあえず明日の目標は
下高井戸→鎌倉までいって大仏みてなんか食べて

そのあとはとりあえず海を左手に伊豆方面を目指す感じかな
つかれたらビジネスホテルとまってビール飲む作戦。

さっき自転車屋さんいってブレーキメンテナンスしてもらったから
快調のはずだぞ